2015年11月24日

日本の呼び名の発祥は大阪だった?!

 先日読んだ「隠された物部王国『日本』ヒノモト」大阪に住む人間としては、ちょっと嬉しいことが書いてありました。
 東大阪市にある日下(くさか)という地名。それは、太古の昔ニギハヤヒの尊が、天岩船に乗ってこの辺りにやってきた際
虚空見つ 日本(やまと)の国
と名付けたことに由来するとか。ニギハヤヒの言葉は「旧事本記」に書かれているそうです。草香山(別名ニギハヤヒ山)が現在もあって、日の下の草香と呼んだ土地が、後世「日下」になったという流れがあるとか。
 そして、橋下さんがハシモトさんと呼ぶように、日下は日本(ひのもと)という言葉と同義となります。暗に、日本の発祥はここですよと地名に遺しているのかもしれません。
 先に治めていたニギハヤヒの親族たち(ナガスネヒコの一族)が神武に負けて、東北などに移動した後は、日の下は大和(やまと)の枕詞となって、最初の大王家の存在も業績も、消されていったので、正式な歴史からは伺えない悲しみがあります。
 他にも、物部と白鳥伝説の関係、鳥養部(鳥飼部・とりかいべ)がトリベ→トベ→トビ→トミと転訛していったこと、現在は登美ヶ丘という地名になっている由来が書かれてあったり、淡路島や大阪に関係している人間には、古代のロマンを感じる一書でした。大阪人が、ニニギよりもニギハヤヒに親近感を覚えるのは、生駒に君臨した大王の魂が今もなお、この地で輝いているからでしょうか?
41-qR8JPFzL__SX298_BO1,204,203,200_.jpg
posted by サンサンてるよ at 10:39| 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

飛騨の意味とは?

 この日記はサンサンてるよの忘備録のようなものなので、目からウロコの情報をその都度ほうりこんでいます。飛騨高山は20代の頃に訪れた地ですが、ここ数年古代史を学ぶと、日本を霊的に守る意味でも最重要の地だと解ってきました。
http://www.geocities.jp/mb1527/N3-01-1hidakoku.htmlから転載させていただきますと・・
飛騨高天原伝承
 山本健造氏著「日本古代正史とその思想 国づくり編」より抜粋

 乗鞍岳の麓に大昔から日本人類の祖先に当たる最初の人たちが住んでいて、その民族の総本家として敬われていた家には姓がなく、上方様と呼ばれていた。その分家が飛騨から日本全国に広がり日本人に元となった。
 高天原は飛騨であり、その中心は丹生川村・宮村・久々野町・高山市であり、その一帯に古代の中央政府があった。上方様の一族が乗鞍岳の麓に住んでいた時代にいくつかに分家した。その中に国常立尊や伊邪那岐命もいたという。この一族が記紀のスメラミコトで後の天皇家につながる。この地の人々は乗鞍岳を「アワ山」と呼んでいた。
 飛騨の丹生川の地で、森の中に水をためる池を作り、その池の周りに集まって座り、池の水に太陽を映してそれを見つめる御魂鎮めをしていた。この神事は「日抱の御魂鎮め」といって、今から130年前ぐらいまで行われていた。日を抱くように人々が輪になって座ったので日抱と言った。日抱の宮は乗鞍を中心として18社あるが、後に伊太祁曾神社と名を変えられている。この日抱が後に飛騨となった。この神社の場所は乗鞍岳がよく見える場所にあり、この神事を行った池は現在も残っている。
 気候の変動と共に乗鞍の地から位山の地に移った。位山の頂上の磐座の周辺は国常立尊や天照大神など代々のスメラミコトを祀った神聖な場所である。天照大神の時代に九州地方が騒々しくなった。天照大神は三人の娘を九州に様子見に行かせた。また饒速日尊を大和や河内国を治めるために大勢のものを連れていかせた。九州ではコホロギという人たちが住んでいて、朝鮮や大陸から来た人たちに責められるかもしれないので助けてほしいという要請があった。天照大神は諸神と諮って、飛騨にいては対処できないので、若い強い者を九州に送ってそこを平定しようということになった。瓊瓊杵命以下、飛騨高天原の人々の大移動が行われて、九州の高千穂の地に行かれました。これが天孫降臨である。
 出雲の国譲りの時、天若彦が殺された。妻の下照姫その兄の阿遅志貴命が、その遺骨を持って飛騨に入ろうとしたが、若彦の反逆の真相がわかり、飛騨での本葬をあきらめて飛騨路の入口の美濃で葬式を行った。美濃にその喪山や若彦と下照姫を祀った大矢田神社がある。その後下照姫と阿遅志貴命は美濃を開拓した。
 この伝承で、飛騨高天原のあらすじがよくわかるが、他地域の伝承と不整合な部分も多々存在している。

位山

 位山は水無神社の御神体とされており、さまざまな伝承が残っている。
@ この山のイチイの木の原生林で採れた笏木を朝廷に献上し、天皇の即位の式典に使用されていた。
A 地域伝承として「位山の主は、神武天皇へ位を授くべき神なり。身体一つにして顔二面、手足四つの両面四手の姿なりという。天の叢雲をかき分け、天空浮船に乗りてこの山のいなだきに降臨し給ゐき」と言い伝えられている。
B高天原は日本にいくつもあり、中でも一番古いのが飛彈高天原で、位山はその中心となり天照大神の幽の宮(かくれのみや)がある。
C神武天皇がこの山に登山すると、身一つにして面二つ、手四本の姿をした怪神( 両面宿儺・リョウメンスクナ )が雲を分けて天から降臨し、天皇の位を授けたので、 この山を“位山”と呼ぶようになったという。(初代神武天皇に位を授けたとされる両面宿儺は、第16代仁徳天皇の時代には朝廷に従わず民を苦しめた悪人として、仁徳天皇が遣わした将軍・難波根子建振熊(なにわねこたけふるくま)によって討伐された。両面宿儺に対して史書は鬼賊といっているが、 地元の伝説はすべて王者か聖者として崇敬している点が大きい違いである。)
D 位山は分水嶺であり、北は宮川から神通川となり、富山湾に流れ、南は飛騨川から木曽川と続き、伊勢湾に流れる。
E すぐそばを古代の官道(東山古道)がとおっている。現在でも石畳の一部が残っている。
F 位山山麓には数多くの巨石群がある。そのうちいくつかは、明らかに人工の手が加えられており、神々を祀る磐座とされている。山頂近くには「天の岩戸」と呼ばれている磐座がある。また、周辺一帯にペトログラフが数多く見つかっている。
G 越中の竹内家に伝わる超古代資料である竹内古文献に位山に太古天皇(天照大神)の大宮があったと記録されている。
H 大直根子命が景行天皇の時代に奏上したと言われている秀真伝(ホツマツタエ)に「天照大神が誕生した時、位山の笏木で胞衣を切り開いた」とされている。
I 位山は国常立尊の神都であり、天照大神の誕生所・御陵であると言われている。



posted by サンサンてるよ at 07:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月11日

面白い先生方、見っけ!

 薬学部時代話ですが、私の数年先輩の方がDDS(Drug Delivery System)の研究をされていました。抗がん剤がガンに届くのはほんの5%。それ以外は、ほとんどが正常細胞に行ってしまい、髪が抜けたり、嘔吐で食欲が無くなったり・・そんな厳しい副作用を軽減すべく、抗がん剤をガンの部分にだけ届くよう、研究されていた時代でした。
 あれから30年。DDSの技術は、抗がん剤のみならず、いろいろな分野に応用されていると最近になって知りました。それは、細胞の再生を促す成分であったり、アルツハイマーを抑える天然の成分であったり、免疫力を高める天然成分であったり・・多岐に渡っているようです。
 そんなDDSの研究者であるおひとりが、田畑泰彦先生。YOUTUBEの「昌子の部屋」という動画で研究の背景が語られていました。昌子とは、森昌子ではなく「坂東昌子」とおっしゃる素粒子物理の女性研究者。著名な研究者にインタビューされて紹介する活動をされているようです。


 他にも、経済物理学を研究されている高安美佐子先生・・ワタクシ、20年以上子育て生活を過ごしてきましたので、最近の学問の世界の動きに新鮮な思い。ワクワクしながら聞いておりました。
 「昌子の部屋」って面白そう〜いろんな分野のことが学べるわ〜さて次はどの方にしようかな〜と思っていたら、ふと「武田邦彦」という名前が・・「NHKの報道には地球温暖化報道も含めて、ウソが多い」という主張でしたが、物理学者でありながら関心領域の広いこと。他にも「正しい歴史認識」シリーズの解説をブログやYOUTUBEにアップされているようですね。
 ということで、武田邦彦先生の「正しい歴史認識」を、これから合間の時間にのぞくことに致しましょう。単眼的原発反対論はいただけませんが、世界史も含めて、面白い解説がありそうですね。
posted by サンサンてるよ at 09:36| 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月02日

子宮頚がんワクチンに注意!

(読売新聞より)
 子宮頸けいがんワクチンの接種後に体の痛みなどの重い症状が出ている問題で、患者の家族らでつくる「全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会」などが29日、東京・永田町で集会を開き、「被害の実態を調査して、治療態勢を整備してほしい」と訴えた。
 集会には、患者本人や家族、支援者、薬害に詳しい弁護士ら約120人が参加。弁護士が症状などを聞き取った12人分の事例が紹介されたほか、患者の母親らが被害の実態調査や治療方法の確立などを国に求めた。
 北海道美唄市の佐藤美也子さん(41)の長女(16)は昨年5月、ワクチンを接種した直後から激しい頭痛や息苦しさを訴えた。手足のしびれや脱力、けいれんなども起きるようになり、接種2か月後から記憶障害も始まった。今は家族や友人も分からず、漢字も書けない。「早く元の体に戻し、青春時代を過ごさせてあげたい」と訴えた。(転載終了)

詳しくは、こちらの記事を読んでくださいね。
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/143604

posted by サンサンてるよ at 18:11| 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

四国に邪馬台国があったという説とは?

 古代史を学ぶ時は、一冊に全ての真実が述べられていると考えるのではなく、多くの研究をジグソーパズルのようにつなぎ合わせながら全体像を浮かび上がらせてゆく・・という姿勢が大切かと思います。
 ですからこの著者の研究のみが100%正しいよという意味でご紹介している訳ではありません。けれども、邪馬台国は時代によって天皇の御世によって遷都をしていた可能性もあります。中でも、現代に伝わっていない場所ほど、いろいろな意味で怪しいという場合もあるかもしれませんね。
 最近、
古代ユダヤと日本建国の謎(大杉博)日本文芸社
天皇家の大秘密政策(大杉博)徳間書店
という本を読んだのですが
・なぜ行基や空海は四国に覆うの寺を建立したのか?
・カゴメカゴメの童謡のナゾとは?
・徐福は日本のどこに住んだのか?
・川島町や脇町の歴史的な意義とは?
などに関心のある方には、興味深い本かも?と思いました。古記録には「吉野川」は「阿波の中川」と呼ばれていたとか・・また、大川隆法総裁が以前、脇町や池田町は大切な地とおっしゃったという話をチラッと聞きましたが、それに符号するような内容が散見できる本でした。


その1

その2

その3


posted by サンサンてるよ at 15:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月13日

阿波が太古の日本の中心地だった?!

なぜ、エルカンターレが徳島に生まれられたか?以前から自分なりに探求してきましたが、こんなサイトを見つけました。このブログは、精選された結論ではなく、こんな説もあるよ、あんな説もあるよ〜という気軽なご紹介なので、肩の力を抜いて読書日記みたいに更新しています。
******************************************
阿波は波の始まりを意味しており、阿波から日本文化の波が始まった。
「阿波」の「阿」の字は、物事の始まりを示す重要な文字です。言葉の始まりは、「あ・A」で、神社、仏閣にある「こま犬」や「仁王像」が表す、阿吽(あうん)〈最初と最後〉の「阿」です。口を開けた方が「阿」で始まりを表し、吐(は)く息のことです。ですから、阿波の文字は「波が、始まったところ」を意昧しています。では「何の波」でしょうか。そのことは、古事記などの古い書物が「日本の文化は、阿波から広がった」と明確に伝えてくれています。けれども、古くから阿波の意味を知らずに「阿波、阿波」と使い続けてきました。
http://www.meirin.org/snoopy/history/kojiki/kojiki01.html#Anchor02
太古の時代の阿波は「イの国」と呼ぼれていた。イとは一番最初という意味。伊予の国の「伊」の国。http://www.meirin.org/snoopy/history/kojiki/kojiki02.html#Anchor01
国産みは今の四国から始まった
http://www.meirin.org/snoopy/history/kojiki/kojiki03.html
古事記上巻の出雲と日向は、島根県と宮崎県のことではない
http://www.meirin.org/snoopy/history/kojiki/kojiki04.html
別けのつく国は、元の国(根の国)から別れたもの。別(わけ)の国から根別(ねわけ)の国はできない。根(もと)の国は阿波、淡路島のまたの名は「淡路の穂(ほ)の狭別島(さわけしま)」〈稲穂の先の別れという意〉、つまり、本家(イ稲穂)(いのくに)から別れた島(国)です。
http://www.meirin.org/snoopy/history/kojiki/kojiki05.html
古事記の主人公は、阿波の穀靈(こくれい)・大宜都比売神(おおげつひめがみ)である!
 全国からの参詣者が絶えない伊勢神宮の外宮に祀られる豊受大神(とようけのおおかみ)と大宜都比売神(おおげつひめがみ)とは同一神である、と大日本神名辞典や本居宣長著「古事記伝」、広池千九郎(ひろいけちくろう)著「伊勢神宮と我が国体」などに書かれています。大宜都比売と豊受大神が同一神であるので、全国の人は阿波の穀靈・大宜都比売神を拝んでいるのです。
http://www.meirin.org/snoopy/history/kojiki/kojiki06.html

サイトからの抜粋なので、ご興味がある方は、覗いてみてね。
posted by サンサンてるよ at 20:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紀伊國屋書店BookWeb